Currently browsing category

Newsletter-subpage, Page 2

「出版編集者からの思い出」 細木周治

Read in English 細木周治 裳華房編集部 (2013年2月退職)   私が、裳華房(ショウカボウ;出版社)の編集者として、小林昭七先生のお手伝いをさせていただきましたのは36年程前(1977年;入社5年目)からになります。担当した第1冊目は、幾何を専門とされている方であれば必ずご存知な『曲線と曲面の微分幾何』です(小林先生をご推薦されたのは矢野健太郎先生です)。この本は、数学の専門課程向き書籍としては大いに売れ、現在も高い評価を得ています(1995年には改訂版が刊行されました)。私は数学を専門としていなかったこともあり、当時、なぜ売れるのかが理解できなかったことを憶えています(この件については、読みやすい文章を書く方として、後で触れることになります)。当時はメールがない時代(航空書簡のみ)ですから、「校正」のやり取りだけでは、小林先生の人柄や業績を理解するチャンスはありませんでした(東京近郊の先生であれば、直接お会いすることで、お付き合いの世界が次々に広がってゆきます)。それでも、改訂版を含めて計6冊もの編集のお手伝いをさせていただきましたので、小林先生とのドラマはそれなりにあります。今日は3つのトピックについてお話をさせていただきます。 1999年に『円の数学』が刊行されました。すでにお気づきの方もおられるかも知れませんが、序文の2重構造、すなわち序文の中に「はじめに」という文章が含まれています。『円の数学』の推敲から刊行までの期間は、当時の文化庁長官により「人生で2次方程式が役に立ったことがない」旨の発言と共に数学教育内容の削減がなされた時期に一致しています。常にニコニコされていて怒る姿を見せない小林先生が、珍しく強い口調でこのことに触れたのです(裳華房のホームページには当書籍の序文PDFが掲載されています)。http://www.shokabo.co.jp/mybooks/ISBN978-4-7853-1516-0.htm 推敲時には予定していなかったその当時の思いを公にしたかったのか、「はじめに」は序章(本文)として扱われるべきものだったのに編集部が間違ってしまったのか、今となっては確かめることはできません。もしかしたら、その辺りの実情は慶応義塾大学の前田吉昭先生がご存知であるかもしれません(偲ぶ会の席で、前田先生から「小林先生は、怒るときははっきりと怒られる方である」旨の補足がありました)。 2000年には『微分積分読本』を刊行していただくことになりました。多くの場合、教科書としての性格を有するように構成していただくことをお願いしますが、在米の(日本の教育環境とは異なる大学の)先生ですから、自由に書いていただくことといたしました。題材が微積分であったこともあり、このころには、小林先生の文体の読みやすさの理由を、私なりに理解することができるようになってきました。数学の本では、定理などの記述ルールと初学者の思考順序とが異なっている場合を多く目にします。しかし、小林先生の場合は、数学を専門としてない(数学的思考の訓練を十分に受けていない)読み手に違和感を与えない形で説明されているのです。「大まかな考え方」の次に「数学的なルールに沿ったまとめ」がきちんと分けられていることによるものと思います。 『微分積分読本』においても、読者(の一人)の立場から、「このように読んで(理解して)良いのかどうか」の質問を多くさせていただきました。このとき、先生から「何が判らないのかが判った」という言葉とともに、適切な修正を多く施していただいたことが、書籍の評価につながったものと思っています。小林先生から頂いた「何が判らないのかが判った」のお言葉は、教育にかかわる書籍の編集者にとっての勲章と思っています。「何が判らないのかが判った」に対し、真逆の言葉は「何が判らないのかが判らない」となります。「小林先生を偲ぶ会」のご出席者の多く方は教える側に属されています。数学者は、答えに至る道筋は幾通りもあると説明しますが、読み手(学生)にとっても、間違える方向は幾通りもあります。ぜひとも、そのことを頭の片隅に置いて、小林先生のように、受講者の方々に接していただければと思っています。 小林先生のすごさは、仕事のスピードにもあります。そのことは、『微分積分読本』の続編として、当初予定されていなかった『続 微分積分読本』が翌年の2001年に刊行されたことでも判ります。事実、小林先生は慶応義塾大学病院で血管形成手術(バイパス手術ではなっかたと思います)を受けられていますが、私は、校正や編集上の打ち合わせのために病院にまで押しかけたことがあります(決して無理強いしたわけではありません)。そのとき、小林先生は「私は、原稿を書いたりすることが大好きで、時間が余ってしまう入院時にこのような仕事をできることが楽しいのです」と述べられています。しかし、医者や看護師が行き交う中(病室ではありません)での打ち合わせです。第三者の人からは、私が病院まで押しかけて病人いじめをしている非人情者と見えたかもしれません。 小林先生のエピソードと人柄を、一編集者から述べさせていただきました。小林先生のご冥福をお祈りいたします。

「歓迎の挨拶」 坪井俊

Read in English 坪井俊 教授 東京大学大学院数理科学研究科長   ご紹介ありがとうございます。坪井俊と申します。 東京大学大学院数理科学研究科長として、小林昭七先生を偲ぶ会の最初にご挨拶申し上げます。 まず、小林昭七先生記念シンポジウムでご講演いただいた皆様とご出席いただいた皆様に感謝いたします。皆様のご参加のおかげでシンポジウムは盛会に終わり、非常に有意義なシンポジウムとして記憶に残るものになったと存じます。 記念シンポジウムのご挨拶でも申し上げたことですが、小林昭七先生は東京大学理学部数学科を卒業された私どもの同窓生です。大学院に進まれて、フランスそしてアメリカ合衆国に行かれ、1962年にバークレーに落ち着かれました。その後ずっと、数学、特に幾何学を指導してこられました。小林先生は主に外国で活躍されたわけですが、日本の数学コミュニティーに多大な貢献をされました。日本人の数学者が、ベテランの方も、若手も、バークレーを訪れましたが、いつでも小林昭七先生と先生のご家族に温かく迎え入れていただきました。先生はしばしば日本に来られ、日本の多くの大学を訪ねられて講演をされ、私たちに良い数学とはどういうものかを示して下さいました。また、日本語で多くの本を書かれ、多くの人々を数学の世界へいざなって下さいました。日本の学生や若い研究者に世界的な数学者になるためにはどうすべきかを示してくださいました。小林先生がされたこれらすべてのことを考え、我々は先生への感謝の気持ちで一杯です。 記念シンポジウムのご挨拶のときに、数理科学研究科へ小林昭七先生が重要な貢献をされたこととして、1994年の外部評価のことをお話ししました。数理科学研究科は、1992年に理学部と教養学部のそれぞれにあった数学教室を合併する形で設立されました。1994年にはこの数理科学研究科棟は建築中でした。このコモンルームは1992年に数理科学研究科棟の建設を考え始めた時からフロアプランにあったものです。プリンストンやバークレーや外国の他の数学教室に滞在したことのある数学教室のメンバーは、みんなが数学のアイデアを交換し合うコモンルームが数学コミュニティーには必要であることを知っていました。しかし、その当時は、教室でも実験室でもないコモンルームが必要であることは、事務当局には理解できないことでした。私たちはコモンルームが必要であるという証拠を見せなければいけなかったのです。小林昭七先生はこの時も我々を助けてくださいました。ある意味で、このコモンルームから小林昭七先生が残された数学の精神が感じられると思います。 この小林昭七先生を偲ぶ会には遠路はるばるご家族の方々、ご友人の方々が来てくださっています。誠にありがとうございます。おかげさまでこの夕べは、小林昭七先生に深く感謝しながら、数学についてだけではなく、人生の様々な出来事について話ができることになりました。この偲ぶ会では、皆様がコモンルームの雰囲気を満喫されることを祈っております。 ご清聴ありがとうございました。

「小林昭七さんを偲んで 」黒田成俊

Read in English 「小林昭七さんを偲んで」 黒田成俊 東京大学及び学習院大学名誉教授   ご紹介頂きました黒田成俊でございます。小林さんを偲んで,一言ご挨拶させて頂きます。 皆様,小林さんとは研究上の縁は薄そうな私が何故,と思われるでしょう。実は,1962年の秋に小林さんがVancouverからBerkeleyに赴任されましたとき,たまたま私がBerkeleyに客員でおりまして,そのとき始めて小林さんとお目にかかりました。それ以来,深いお付き合いとは言えませんが長年にわたって,小林さんをひそかに敬愛してきたものでございます。 私は小林さんと同じ1932年(昭和7年)の生まれですが,小林さんは早生まれ,私は6月のおそ生まれです。当時の学制の切り替えの事情で,年齢1年の差が学年2年の差になったケースです。それに,私が物理学科の学生であったこともあり,実はBerkeleyでお会いするまで,小林さんのお名前も知りませんでした。それがお会いしてからは,数学のコンタクトは少なかったのですが,どなたにも明白な小林さんの飾らないお人柄に魅せられて,ずっと敬愛してまいりました。片思いだったかもしれませんが。 小林さんがいらした年には,私の恩師である加藤敏夫先生も,東京大学の物理の教授からUC Berkeleyの数学の教授としてご着任になり、急に賑やかになりました。それから私が帰国するまでの1年の間,私的な面でも加藤先生,小林さんにご家族もご一緒で(といってもこちらは一人ものですが)色々とお世話になりました。お嬢様方も,その頃はスンちゃん,メイちゃんとお呼びしていたのを思い出します。 その後,1970年のNice Congress, それは広中さんがFields賞を受賞されたCongressですが,そのときは加藤先生がPlenary Speaker, 小林さん(と私)はSession speakerでした。加藤先生,小林さんはご家族でいらしており,Sessionの外でも,遠足に行ったりしたのがよき思い出となって残っております。最近そのときの写真をファイルにしてみたのですが,遠足の写真には何故か小林さんだけが写っておられません。遠足に来られなかったか,来られても数学仲間とdiscussionをしておられたのでしょうか。コングレスのProceedingsの論文題名が,フランス語なのですがPseudo-distances intrinseques sur espaces complexes …

「開会の挨拶」 落合卓四郎

Read in English 落合卓四郎 組織委員会代表、東京大学名誉教授   皆さまこんばんは! 小林先生をしのぶ会に御参集賜り、誠にありがとうございます。 組織委員会を代表して一言ご挨拶申し上げます。 ここに御集りの一人ひとりが、それぞれ小林先生との忘れがたい思い出をお持ちになり、先生の突然の訃報に信じられない思いをなされたことと思います。 偉大な数学的業績はもちろん、数学に対する真摯な情熱、誰をも引き付ける素晴らしい笑顔と包容力、同僚に対しても学生に対しても分け隔てない胸襟をひらいたお付き合い・・・、私たちにとって先生のすべてが数学者・教育者かくあるべしという理想でした。 今日も、この席のどこかで、先生が微笑みながら見守ってくださっているように思えてなりません。 本日は、多くの方が先生とともにお世話になりました奥様の幸子さまをはじめ、上のお嬢様、弟様をはじめ御親族の方々にもお越しいただきました。 奥様、バークレーより遠路はるばるありがとうございました。 今夕は、先生と奥様達との楽しいかったお付き合いの思い出で盛り上がっていただければ幸いです。 終わりになりましたが、シンポジウムとしのぶ会を陰ながらしっかりサポートして下さいました坪井数理科学研究科長とスタッフの皆さまに心より感謝を申し上げ、ご挨拶に代えます。 ありがとうございます。